誤った学習法と習得のコツ!


語学習得の学習ステップ
語学学習をいろいろな教材で今まで学習はしているけど、未だに外人を見るだけで固まってしまう。まして会話をするなんて、もっての外と思っている方は少なくないのではないでしょうか。

その原因は、単に学習方法が誤っているだけなのです。

リスニングとスピーキングでは、脳の別な部分が働くことが知られています。しかし、日本人はテキスト中心の学習に幼少時より慣れ親しんでいるため、テキスト中心の学習になる傾向が強いのです。

語学学習をする上で、テキストを使い始めるのが早すぎると、かえってリスニングとスピーキングの習得時間が遅れるということが、研究結果から判っています。つまり、リスニングとスピーキングの能力を効率よく養うには、テキストに頼らないことが最良の方法ということになります。

つまり、最初にリスニングから始めて、次にスピーキング、その後にリーディングとライティングの流れで、新しい語彙を増やしていく方法となります。それは、人間が誕生して母国語を身に付けいく過程と同じ流れで学習を進めていくのです。

会話力を効率よく身につけるためには、キーセンテンスが理解出来、言えるようになるまでは、テキストに頼らないことが、語学習得の近道になります。

成功への近道

成功への近道-最強の英会話教材「DynEd」


日本ではあまり知られていないDynEdは、世界で1000万人以上の学習者がいる最強の英会話習得教材です。

その内容は、NEW Dynamic Englishを中心とした各種学習コースがあり、すべての学習コースで 効率よく短期間で会話力を身につけるための様々の工夫がされています。

dynedオリエンテーションビデオを見る


さらに・・・


留学への近道-最強の英会話教材「DynEd」

留学への近道

形の違い、足し算、掛け算、引き算から始まる数学を始め、理科、地理や歴史等の各教科の基本的な知識の確認とその英語表現や語彙を学習できる学習教材「English for Success」では、授業でのプレゼンテーションや説明、質問、宿題やテスト等に関する表現も学習します。

留学における高度な知識を学習する前に、基本的な各教科の英語表現を身につけることは、留学生活をより充実したものにする上で、大いなる手助けとなることでしょう。



学習コース内容(抜粋)


コースは、20ユニットで構成されており、基本的な知識から徐々に専門知識へと進みながら、次の3つの英語力の習得を目指します。



DynEd学習ステップビデオで見る

ホテル業・旅行業業界への近道-最強の英会話教材「DynEd」


Hospitality English は、ホテル業界及び旅行業界でのコミュニケーション力の習得と重要な語彙を学習するのために最適な英語学習教材です。受付からセールスマネージャまでの幅広い職種を対象にしており、依頼、辞退、指示、確認等の言語能力を身につけることに重点を置いています。

New Dynamic English, Functioning in Business, Dynamic Business Englishなどの他のコースと併用学習することで、ビジネス社会で必要な幅広い語学力を 効率よく学習できるように設計されています。

また、Hospitality Englishのコンテンツは、シャングリ・ラ ホテルの協力により、ミシガン州立大学副理事長である Lawrence J.Zwier 氏(ESL(第二外国としての英語)テキストの著者)によって作成されており、その品質の高さは自信を持ってお勧めすることができます。

学習コース内容(抜粋)

6ユニットで構成されており、各ユニットの内容は以下の通りです。

Reception
チェックインに関連したダイアログを通して、丁寧な要求、情報の提供と確認、問題解決と手助けの仕方、トラブル時の上司への報告などについて学習します。

Restaurant & Bar
レストラン及びバーに関連したダイアログを通して、お勧めのレストランと食事の紹介、ホテル施設の紹介、予約の受け方、注文の受け方、さりげない気遣いの仕方について学習します。

Check Out
レジ係及びチェックアウトに関連したダイアログについて、請求金額の確認、宿泊者のホテルからの交通手段の説明、手数料規約の説明、両替、宿泊客の感想の尋ね方などについて学習します。

Guest Services
基本的なハウスキーピング及びルームサービスに関連したダイアログについて、アメニティーの説明、電話の取り方、電話での会話、電話の切り方、設備と利用規定についての説明、宿泊者が病気になったときの対応について学習します。

Relations & Sales
セールス及びコンシェルジュに関連したダイアログについて、ホテル主催のツアーの詳細についての説明、宿泊客の現地アトラクションへの案内、良いショッピングエリアを探す手伝い、ホテルでの会議や会合サービスの販売について学習します。

Telephone
テレフォンサービス及びメッセージに関連したダイアログについて、電話での情報の入手の仕方、宿泊客は満足していないけど良い電話印象の与え方、宿泊客の不慣れ空港での移動手段の手助けについて学習します。


ホスピタリティ英語の詳細・申込み


航空業界への近道-最強の英会話教材「DynEd」


― ICAO標準英語レベル4を目指す方に ―

「航空英語 Aviation English」とは、空の安全を守る事を第一の目的とし、国際運航業務に携わるパイロット、航空管制官等が、ICAO(国際民間航空機関 International Civil Aviation Organization)が新たに設定した英語基準レベル4の習得を目的に開発された学習教材です。

このコースでは、極度なストレスや予測不可能な状況下においても速やかに対応し、操縦士と航空管制官のミスコミュニケーションを防ぐことができるレベルの口頭英語力を短期間で身につけることができます。

学習コース内容(抜粋)



航空英語(Aviation English)には6つのユニットがあります。各ユニットでは、実際のフライトの流れに沿って離陸前のプリフライトチェックから目的地に着陸後空港ターミナルビル到着前後まで を再現しています。

また、使用される英語表現は、NASA、FAA、各国の操縦士及び航空管制官の協力の下に厳選され、米国英語表現に偏ることなく、英国英語をベースにしたヨーロッパ他各国 の英語表現にも対応できる内容となっています。

各ユニットでは、通常運航時のみならず、想定される様々な緊急事態への対応表現も学習し、実際の航空無線の状況に対応できるようにノイズがある中で、正しく、明瞭にコミュニケーションができる訓練をします。


航空英語の詳細・申込み
Top